Microsoft Projectの使い方の基本がわかる!

*

STEP 7-1: レポートの作成-ビジュアルレポート

      2015/06/15

msp_step7
プロジェクトが開始され実績が入力されると、その状況を定期的にレポートする必要が出てきます。Microsoft Projectには、標準でプロジェクトのレポートを作成する機能があります。

レポート機能には大きく分けて2種類あります。一つはデータをExcelやVisioにエクスポートして分析することができるビジュアルレポート、もう一つはProject 2013の新機能であるクライアントレポートです。

まずはビジュアルレポートを見てみましょう。

メニューから[レポート] – [ビジュアル レポート]をクリックします。
VisualReportMenu01
[ビジュアル レポート: レポートの作成]ダイアログボックスが表示されます。
VisualReportDialog01

[次のアプリケーションで作成されたレポート テンプレートを表示]の右側に[Microsoft Excel][Microsoft Visio]のチェックボックスがあることが確認できます。 Excelのレポートを確認したいので、[Microsoft Visio]のチェックを外しましょう。
VisualReportDialog02

例として、[リソース割り当て可能作業時間]レポートを作成してみましょう。リストから[リソース割り当て可能作業時間レポート]を選択し、[表示]ボタンをクリックします。

Excelが起動し、[リソース割り当て可能作業時間レポート]が表示されます。このレポートは、Excelのピボットテーブルの機能を利用しています。ここでグラフをクリックすると、[ピボットテーブルのフィールド リスト]ウィンドウが右側に表示されます。ここで表示したい項目を選択することができます。
VisualReportResourceAssign01

さらに[リソース配分状況]シートのタブをクリックします。このシートにはさきほどのグラフのデータが格納されています。ここで[第 1四半期]と[第 2四半期]の左側の[+]ボタンをクリックして、アウトラインを展開してみます。
VisualReportResourceAssign02

ここでもう一度グラフのシートに戻ってみましょう。さきほど展開したアウトラインの詳細の時間単位でグラフが表示されます。
VisualReportResourceAssign03

このようにMicrosoft Projectのデータを他のアプリケーションにエクスポートして加工することができます。

次回はクライアントレポートを紹介します。

 - Project 2013, プロジェクト作成の7ステップ, 活用方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

無料メールセミナー近日公開!

Microsoft Projectの使い方で悩まれている皆様へ 弊社では近々無料 …

3/23(水)無料セミナー開催「Excelやフリーツールと何が違う?! Microsoft Projectの世界」

Microsoft Project を知っていただくために、二部制のセミナー、ワ …

Microsoft Projectを使わずにデータを見る方法

Microsoft Projectをお使いのお客様から、次のようなことをよくうか …

Microsoft Project 2013のビデオ講座公開

LinkedInが運営するオンライン学習サイトLynda.comにて、弊社代表が …

STEP 2-1: スケジュール作成-WBS作成

さて、いよいよスケジュールの作成です。 スケジュールを作成するには、まずプロジェ …

STEP 2-2: スケジュール作成-タスク依存関係の設定

WBSが定義できたら、次はタスク同士に依存関係を設定します。 依存関係というのは …

STEP 4-1: プロジェクト全体の調整-依存関係調整

前回、リソースを割り当てて、負荷の調整をしました。続いて最後の段階として、プロジ …

STEP 6-1: プロジェクトの進捗管理-実績の入力

プロジェクトが開始されたら、定期的に進捗の管理をする必要があります。 Micro …

10/21(水)Project Onlineワークショップ開催

10/21(水)にProject Onlineのワークショップを開催いたします。 …

STEP 4-2: プロジェクト全体の調整-タスク見積りの調整

前回、依存関係を調整してプロジェクト全体の期間を短縮しました。 今回は、タスクの …