Microsoft Projectの使い方の基本がわかる!

*

STEP 5-1: プロジェクト計画の確定-基準計画の保存

      2015/06/15

msp_step5
前回のステップでプロジェクト計画が完成しました。

さて、この時点でやっておく必要がある重要なことがあります。

これまで作成したプロジェクト計画は、「現在計画」と呼ばれます。これは名前の通り、現在のプロジェクト計画を意味します。

Microsoft Projectでは、現在計画は進捗を入力することで、常に変化していきます。現在計画は、プロジェクトの現在の状態を表すものと考えれば、これは当然と言えるでしょう。

一方で、最初に作成した状態のプロジェクト計画も保存しておく必要があります。当初の計画が無ければ、現在の状況が遅れているのか進んでいるのかわからないからです。

この当初の計画を保存したものをMicrosoft Projectでは「基準計画」と呼んでいます。これは、現在計画のスナップショット(コピー)を別の場所に保存しておく機能だと思ってください。

基準計画を保存するには、メニューの[プロジェクト] – [基準計画の設定]から[基準計画の設定]をクリックします。[基準計画の保存]ダイアログボックスが表示されます。
savebaseline01
番号なしの[基準計画を]をリストから選択し、[OK]ボタンをクリックします。基準計画は全部で11個保存することができます。
savebaseline02
もう一度[基準計画の保存]ダイアログボックスを開いてみましょう。基準計画のリストを確認すると、番号なしの基準計画に最終保存日の日付が表示されていることが分かります。これで基準計画が保存されていることが確認できます。
savebaseline03
しかし、ガントチャートの表示に変化がないように見えます。既定では、[ガント チャート]ビューに基準計画のバーを表示する設定がされていないためです。基準計画のバーを表示するには、[ガント チャート (進捗管理)]ビューを使用します。

メニューの[タスク] – [ガント チャート]の下向き三角▼をクリックし、[ガント チャート (進捗管理)]をクリックします。
trackinggantt01
[ガント チャート (進捗管理)]には、現在計画と基準計画のバーを同時に表示され、両者を比較することができます。実際にプロジェクトが開始されてからは、このビューを使うといいでしょう。

次回は、プロジェクト ファイルの保存です。

 - Project 2013, プロジェクト作成の7ステップ, 活用方法 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

3/23(水)無料セミナー開催「Excelやフリーツールと何が違う?! Microsoft Projectの世界」

Microsoft Project を知っていただくために、二部制のセミナー、ワ …

MS Projectの新しい書籍発売!

Microsoft Projectの新しい書籍が3/16に発売になります! &n …

Mirosoft ProjectのクラウドサービスProject Onlineとは?

Project Onlineに関しては、まだまだご存じない方が多いようです。 今 …

無料メールセミナー公開!

Microsoft Projectを使ってみて、思ったような動きにならないと不思 …

「スケジュールが勝手に調整されてしまう」Microsoft Projectのよくある誤解3

前回と前々回にわたって、「スケジュールが勝手に調整されてしまう」という誤解につい …

Microsoft Project活用の7ステップ-概要

これからMicrosoft Projectを初めて使ってみようという方のために使 …

ビデオ講座公開 Microsoft Projectでアジャイルプロジェクトを管理する

LinkedInの運営するオンライン学習サイトLynda.comにて、弊社代表が …

STEP 6-1: プロジェクトの進捗管理-実績の入力

プロジェクトが開始されたら、定期的に進捗の管理をする必要があります。 Micro …

無料メールセミナー近日公開!

Microsoft Projectの使い方で悩まれている皆様へ 弊社では近々無料 …

Microsoft Projectの使い方でお悩みの方へ

Microsoft Projectの使いこなしで迷っていて、解決方法がわからなく …