Microsoft Projectの使い方の基本がわかる!

*

STEP 2-1: スケジュール作成-WBS作成

      2015/06/15

さて、いよいよスケジュールの作成です。
msp_step2
スケジュールを作成するには、まずプロジェクトを行うのに必要なタスク(作業項目)を定義します。このタスクを階層構造にしたものをWBS(ワークブレイクダウンストラクチャー)と呼んでいます。

Microsoft Projectでは、このWBSをガントチャート ビューで作成します。
gantt01
さっそくですが、身近な例として、「夕食を作る」というプロジェクトのWBSを作成してみましょう。

まずプロジェクト全体をいくつかの大きめの括りに分類します。

* 献立の検討
* 材料の準備
* 調理
* 配膳
* 完成

最後の「完成」は夕食が出来上がったことを表すチェックポイントのようなものです。こういった性質のタスクをマイルストーンと呼んでいます。日本語で言う「一里塚」のことです。大きな道路の脇に旅行者の目印のために置かれた塚をこのように呼びます。プロジェクトでは、プロジェクト全体のスケジュールの特定の区切りを表すために使用します。

それでは、最初に作成した概要のタスクを実施するために、実際にはどのような作業を行う必要があるのかを考え、さらに詳細化と階層化を行います。

Microsoft Projectでタスクの階層化の設定をするには、一つ下の階層にしたいタスクの行を選択し、リボンの[タスクのレベル下げ]ボタンをクリックします。
indent01

詳細化するにあたっては、どのぐらいまで行うのが適切なのかという問題があります。これについての一つの考え方としては、実際に担当する人物が思い浮かぶぐらいのレベルを目安にします。

一つの例として、以下のように詳細化してみました。

* 献立の検討
  * 献立の候補を列挙
  * 献立の決定
  * レシピの調査
  * レシピの決定
* 材料の準備
  * 材料の列挙
  * スーパーマーケットに買い物に行く
  * 材料入手完了
* 調理
  * レシピの確認
  * 下準備
  * 調理
  * 調理完了
* 配膳
  * 食器を出す
  * 料理を盛り付ける
  * テーブルに並べる
  * 配膳完了
* 完成

このようにWBSは、プロジェクトを完成させるために必要なタスクを漏れなく、重複することもなく列挙する必要があります。

またWBSの階層はあまり深くなりすぎないようにしましょう。3層から5層ぐらいを目安に考えるといいでしょう。

次回はタスクの依存関係の設定です。

 - Project 2013, プロジェクト作成の7ステップ, 活用方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

Microsoft Projectの使い方でお悩みの方へ

Microsoft Projectの使いこなしで迷っていて、解決方法がわからなく …

「ひと目でわかるProject 2016」予約開始!

今日は、新しい書籍のご案内です。 すでにMicrosoft Projectの新し …

8/25(火)Project Onlineワークショップ開催

8/25(火)にProject Onlineのワークショップを追加開催いたします …

STEP 4-1: プロジェクト全体の調整-依存関係調整

前回、リソースを割り当てて、負荷の調整をしました。続いて最後の段階として、プロジ …

STEP 7-1: レポートの作成-ビジュアルレポート

プロジェクトが開始され実績が入力されると、その状況を定期的にレポートする必要が出 …

STEP 2-2: スケジュール作成-タスク依存関係の設定

WBSが定義できたら、次はタスク同士に依存関係を設定します。 依存関係というのは …

STEP 5-1: プロジェクト計画の確定-基準計画の保存

前回のステップでプロジェクト計画が完成しました。 さて、この時点でやっておく必要 …

ビデオ講座公開 Microsoft Projectでアジャイルプロジェクトを管理する

LinkedInの運営するオンライン学習サイトLynda.comにて、弊社代表が …

3/23(水)無料セミナー開催「Excelやフリーツールと何が違う?! Microsoft Projectの世界」

Microsoft Project を知っていただくために、二部制のセミナー、ワ …

「スケジュールが勝手に調整されてしまう」Microsoft Projectのよくある誤解5

前回「制約」という機能について説明しました。 「制約」はタスクの開始日もしくは終 …